行田ドローンスクール

ドローンサービスとは

想像よりももっと早く訪れる未来 年間市場規模予測15兆円

さまざまな用途が期待されている小型無人機「ドローン」は現在、世界的に急速に普及し始めています。空撮・巡視点検・計測観測・警備関連・災害対策・捜索救助・危険区域作業・農林水産業・輸送物流・その他、市場規模は年間15兆円への成長が見込まれています。
また、今後の産業を支える要として様々な分野の企業がドローンの活用に動いており、さらなる発展が期待できます。

想定されるドローンサービス

映画、TV番組、ニュース報道、スポーツ撮影、PR動画撮影、記録撮影
巡視点
河川・ダムの巡視点検、高速道路の巡視点検、送電線の巡視点検、石油基地の巡視点検、化学コンビナート巡視点検、造船所の巡視点検高炉・発電所の巡視点検、メガソーラー発電所の巡視点検、橋梁の巡視点検、トンネルの巡視点検、高層ビルの巡視点検
計測観
空間情報3D MAP作成、交通量調査、気象観測、海洋観測、大気観測放射能観測、生態系観測、環境モニタリング、鍾乳洞・洞窟観測
警備関
国境警備、海上警備、沿岸警備、麻薬管理、交通監視、イベント監視ビル警備・工場警備、都市警備、太陽光発電所監視、不法投棄監視
災害対
洪水・津波監視、森林火災監視、火山監視、地震被害調査
捜索救
海上遭難捜索・救助、山岳遭難捜査・救助
危険区域作業
発電所内作業、工場内作業、工事現場作業、災害現場作業、火災現場
農林水産
農薬散布、農産物管理、害獣駆除、魚群探査
輸送物
宅配、AED輸送、緊急物資輸送、孤立地帯への物資輸送
その
災害時基地局機能、広告、アトラクション、e-SPORTS、ホビー

ドローン市場の成長とともに
飛行の安全徹底が求められています。

無人航空機の飛行が禁止されている「空域」と「飛行方法」

200グラム以上のドローンは航空法第2条22項において「無人航空機」として定められ、下記のイラストのような、同132条に定める「空域」と、同132条の2に定める「飛行方法」で飛行させる場合、地方航空局長の許可無く飛行させることが禁止されています。

「空 域」
「飛行方法」

改正航空法では、「無人航空機の飛行等に関する罪」が定められており、
この罪に該当するとされた場合は、「50万円以下の罰金に処する」とされています。

飛行が禁止されている「空域」と「飛行方法」で飛行させたい場合の許可

航空法では「人口集中地域」でなくても「人、又は物件(建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること」と定められているため、大半の場所において許可なくドローンを飛行させる事は困難な状況です。仕事や趣味でドローンを活用したい場合にも大半がこうした禁止区域に該当しています。こうした航空法で禁止されている「空域」や「飛行方法」でドローンを飛行させたい場合は、地方航空局による「無人航空機の飛行に係る許可・承認」が必要になります。

国土交通省航空局ホームページに掲載されている管理団体(JUIDA)証明証により、
航空局への申請時、飛行実績の証明が可能に

そして航空局への「無人航空機の飛行に係る許可・承認」申請の際には、操縦技能基準への適合が求められますが、操縦技能証明証の提出により、飛行実績を証明する事が出来ます。
行田ドローンスクール(JUIDA認定スクール)では、無人航空機の運航に必要な関連法規の知識や操縦技能を身につけるカリキュラムを実施しており、当校の講習修了後に、航空局への申請時に飛行実績として提出可能である、JUIDAライセンスの取得が可能となります。